「難治性ニキビ」の治療なら、美容皮膚科へ

通常の治療だけでは治りにくいニキビのことを、「難治性ニキビ」といいます。一般的な皮膚科で受けることができる抗生物質やビタミン剤の内服、そして外用薬などの保険適用内治療では、すべてのニキビが治るわけではありません。一説では、50%以上のニキビが、難治性であるといわれているのです。そんな難治性ニキビを治したいのなら、美容皮膚科へ相談してみるのも良いでしょう。

美容皮膚科では、なかなか治らないニキビを改善する様々な治療を行っています。ニキビとニキビ跡を改善できる治療方法として、ケミカルピーリングや、炭酸ガスレーザー、プラセンタ注射、抗生剤の処方など、症状に合わせた多数の施術がそろっています。また、内側から治すケアとして、漢方薬による体質改善なども有効な治療の一つです。その他に、肌のターンオーバーを促進する効果の高い、トレチノインなどの処方を受けることも可能となっています。

美容皮膚科は、これらの治療を組み合わせることで、治りにくいニキビを治療し、キレイな肌を取り戻すサポートをしてくれるのです。気になるニキビとニキビ跡を、キレイにな治したいのなら、ぜひ美容皮膚科を検討してみてください。一人一人の症状に合わせた、最適な治療が期待できます。無料で相談を受け付けている美容皮膚科も多数ありますので、まずは症状について、相談をしてみるのも良いでしょう。

インターネット上から、メール相談を受け付けている医院も多くあります。