ビタミンCの効果とは

ビタミンCの効果は非常にたくさんあり、これほど優秀な成分は多くありません。まず、エイジングケアを左右するコラーゲンの合成にはビタミンCは欠かせません。このビタミンがあると、コラーゲンは強い三重のらせん構造になるので、その働きが高まるようになります。ビタミンCはアンチエイジングや免疫力アップ、抗ストレス効果も期待できます。

アンチエイジングは抗酸化作用によるもので、細胞が年を取るのを遅らせる作用があります。紫外線やストレスによる酸化を防ぎ、肌荒れを予防します。免疫力に関しては、体内の免疫力を高め、肌の免疫力も高めるので健康で強い肌になることができます。また、抗ストレスホルモンの合成をサポートするので、ストレスを感じたら補給すると良いでしょう。

化粧水によるビタミンCの効果は最も有名なもので美白があり、メラニン色素の生成を抑える効果を持っています。チロシナーゼという酵素があるのですが、この酵素はアミノ酸のひとつであるチロシンをメラニン色素に変えてしまう働きを持っています。それを抑える作用があるので、メラニン色素の生成をブロックしてくれます。また、活性酸素はウイルスなどを攻撃する必要な存在ですが、増えすぎると健康な細胞にも影響を与えます。

酸化する細胞の身代わりになって自らが酸化するという抗酸化作用を持っていますので、若々しい状態の肌を保つことが可能となります。ビタミンCの効果は他にも色々ありますが、酸化したビタミンEを再生したり、皮脂の過剰分泌を抑える働きもあります。ニキビにも有効なので、脂性肌にもおすすめです。